とはいっても、嬉しくはない忙しさ。

先週、祖母が入院することになり、その準備や送迎でドタバタしてました。

一息ついたと思ったら、同じ町内に住む親戚のお爺さんが亡くなったという連絡が入り、仏壇のある座敷の整理や御通知の作成等、葬儀の準備に追われてました。
親戚とはいえあまり面識のないお爺さんでしたが、やはり人が亡くなるのは悲しいものですね…。ご冥福をお祈りいたします。

ついでといってはなんですが、便利屋として、そこの御家の男性用小便器の詰まりを直して欲しいとの依頼もありました。
葬儀等となると人の出入りも多くなるので早めに直してほしいと頼まれましたが、詰まりの原因となった尿石を溶かす溶剤を使って、スムーズに流れるようパパッと直しました。

我が家の話に戻りますが、入院していた祖母が本日退院。
高齢ということで大変な面は多々ありますが、今後も家族で面倒みていかなければなと思っています。