写真はイメージです

写真はイメージです

先日、夕飯時にポンと入ってきた依頼

「急で申し訳ないのですが、明日の朝、トラックからの荷卸し作業をお願いしたいのですが…」

 

電話がかかってきた翌日は丁度予定が入ってなく、スタッフも数名対応可能でしたので引き受けました。

しかし、現場が横手市。豪雪地帯です。えぇ

天気予報ではガッツリ雪マークが並んでいる昨今。横手方面に行くだけでも道路状況が読めず、ちょっと恐怖の道のり

 

作業当日、朝9時からの作業開始予定で、現場までは片道1時間半ほどの距離。余裕をもって朝6時半に本荘をスタートしました

朝から除雪車が走っていたりして、除雪車が通った後は道路がテカテカになるのでスリップが怖いんですよね…。

安全運転に徹し、現場に到着したのが8時半すぎ。

で、現場らしき空き地がざっくり除雪されている状態で、そこに車で入ろうとしたのが運のつき…

ズボッ…!!?

思ったより雪が積もっていてマイカーが雪にハマりました

マイカーは四駆ではないもので、脱出しようとバックしようとしてもタイヤが空回りするばかり。車体の腹が雪面に乗っている状態だったもので、前輪ジャッキアップして車体下の雪をできるだけ排除。更にタイヤまわりも可能な限り雪をどかせ、車をちょっとずつ前進させたり後退させたりを何度も続けるうちに、よーーやく脱出!

いや~…、J○Fとか呼ぶハメになるかと思いましたいや、呼んだ方が早かったのかもしれませんが…(笑)

今思えば、なぜ雪面を確認せずに突っ込んだのか、我ながらアフォですね。。

…と、そんなこんなで時刻は9時すぎ。

肝心のトラックが一向に現れません。連絡をとりあった結果、交通事情でトラック到着が大幅に遅れ、到着予定は午後1時すぎ…!?

4時間空白…だからといって一旦帰るのもアレなので、近場の道の駅に車を止め、仮眠とったり道の駅内ぶらぶらしたりと時間つぶすことにしました。

1時半ころにようやくトラック到着の連絡が入り、遂に現場入り。ようやく仕事スタートです

 

大型トラックの荷台に積まれた物資を運転手さん含め人員3人で手卸し。

えぇ、手卸し。。

フォークリフトでもあれば、30分あれば終わる作業?でも今回は手卸し。現場責任者の方に確認とりましたが、手卸し。運転手さんも疑問に思って問い合わせてましたが、手卸し。結局手卸し。

なぜそう手卸しに疑問を持つのかというと、梱包されているダンボールを持ってみた感じ、ひと箱40kgくらいはあるであろう重量。これが計200個…。

そりゃ、手卸しに疑問もちますよね?(笑)

 

もはや、ヤルシカナイ。

 

段々と力が入らなくなりつつ、ヒィコラ言いながらも頑張りました…!1時間半ぐらいかけて荷卸し完了!!!

すごいやりきった感がありました(笑)

便利屋として今までにないレベルの力仕事でしたね

 

帰宅後、風呂に入ろうとして気づいたのですが、荷重のかかっていた腕にすごいアザが

そしてジワジワくる筋肉痛。2日経つ今でも肩まわりが痛くて、腕がまともにあがりません

 

うん、でも頑張った(´▽`)